未来につなぐ、確かな技術。関東・北陸、北海道でIT関連のメンテナンス業を営んでおります。

             
         

   
IT技術の進展によってあらゆるものがネットワークに接続される時代です。
現代では、リアルタイム化・ボーダーレス化が日々加速し、さらに高速化・大容量化しながら私たちの暮らしにビジネスに、
必要不可欠なものとなったネットワーク。その先に繋がっているのは「人」です。
私たちグローバルサポートは常に「人の未来」を見つめながら、お客様のニーズに細やかにお応えするフレキシブルな
コンピュータソリューションのご提供と、人と人をつなぐ真心のネットワークを構築を目指してまいりました。
これからも人と、そして人を取り巻く地球環境にやさしく真面目な企業であることを追い求め続けます。
今後とも皆様のご支援ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 
株式会社グローバルサポート 代表取締役  
   創  業 / 平成16年9月7日
   資本金 / 2,000万円
   役  員 / 3名
   社員数 / 正社員38名 パート3名
   POSレジシステムメンテナンス
   ネットワーク構築・LAN工事
   一般電気工事   (北海道知事許可(般-25)上第 05327 号)
   電気通信工事業  (北海道知事許可(般-27)上第 05327 号)
   工事設計認証に係る無線基地局管理システム
   無線基地局の免許申請に係るサポートシステム
   RS485通信、端末の開発及びインターネット回線を通じた集計システム
   労働者派遣業 (許可番号 派01-300375)
   平成14年 8月  「ITサポート」設立
   平成16年 9月  「有限会社ITサポート」へ組織変更
   平成19年 8月  「株式会社グローバルサポート」へ社名変更
   平成19年 9月  資本金1,000万円に増資
   平成22年 1月  金沢オフィス 開設
   平成23年 9月  資本金2,000万円に増資
   平成25年 11月  埼玉オフィスを支店登記
   平成27年 7月  東京オフィス 開設
   平成28年 1月  電気通信工事業 (北海道知事許可(般-27)上第 05327 号) 取得
・環境配慮型燃料の使用
 弊社では環境配慮型燃料であるバイオディーゼルを使用しています。
バイオディーゼル燃料(BDF)の原料である植物油は生物資源(バイオマス)であるため、植物が太陽の光をエネルギーとして用いて二酸化炭素(CO2)と水から繰り返し生産することができ、石油等の化石燃料と違い、再生可能な燃料です。気候変動に関する国際連合枠組条約ではバイオマス由来燃料の燃焼によるCO2排出は、ゼロカウントとされています。

車の燃料を軽油からBDFに変更した場合、CO2削減量を算出すると、
変更前:2.62kg-CO2/L(軽油のCO2排出原単位)×1L(軽油使用量)=2.62kg-CO2
変更後:0.00kg-CO2/L(BDFのCO2排出原単位)×1L(BDF使用量)=0.00kg-CO2 になります。

弊社でのCO2削減実績:
2010年度BDF使用実績 4,949L×2.62kg=12,966kg 約12.9d/年のCO2を削減
2011年度BDF使用実績 3,272L×2.62kg= 8,572kg 約 8.5d/年のCO2を削減
2012年度BDF使用実績 3,995L×2.62kg=10,467kg 約10.5d/年のCO2を削減
2013年度BDF使用実績  350L×2.62kg= 917kg 約 0.9d/年のCO2を削減

・自動車排ガスのクリーン化
ディーゼルエンジンでバイオディーゼル燃料(BDF)を使用した場合、軽油と比較して、排ガス中の粒子状物質(PM(Particulate Matter):炭素からなる黒煙(すす)の周囲に、燃え残った燃料等が付着しているもの。)が極めて少なく、規制値の1/7から1/3の排出量であり、さらに硫黄酸化物(SOx)は大幅に低下します。





Copyright(c) 株式会社 グローバルサポートAll rights reserved.
株式会社グローバルサポート

本     社 〒070-0014 北海道旭川市新星町2丁目2-4        電話 0166-85-6678  FAX 0166-85-6855
東京オフィス 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目5番12号 トーカン新宿第2キャステール9F
埼玉オフィス 〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町4丁目139-26
金沢オフィス 〒920-0024 石川県金沢市西念3丁目11-37 徳楽ビル2F